7月12日は、ネット中立の戦いの日です!

私たちが知っているインターネットは重大な危険にさらされています。米国連邦通信委員会(FCC)は、インターネットサービスプロバイダー(ISP)にネット中立性ルールを施行するために現在持っている権限を放棄することを計画しています.


これにより、大企業の力が強化され、革新が抑制され、この画期的なテクノロジーへの無制限のアクセスを裕福な人だけが余裕がある2層インターネットへの道が開かれます。これは、変化のために懸命に働きかけてきた米国のビッグネームISPを除いて、誰の利益にもならない動きです。.

7月12日、Amazon、Reddit、Mozilla、StartPage、ProPrivacy.com、およびその他多くのインターネット企業が、ネット中立活動家に参加し、 "ネット中立性を保存するためのインターネット全体の行動日." キャンペーンは、Fight for the Future(FFTF)デジタル権利擁護グループによって編成されています.

ネット中立性とは?

ネット中立性とは、すべてのインターネットトラフィックがISPと政府によって等しく扱われるという考え方です。これは、「ユーザー、コンテンツ、サイト、プラットフォーム、アプリケーション、接続されている機器の種類、通信モードによって差別や課金を区別しないこと」を意味します。

これは、インターネット上の革新と自由な表現の基盤です。ネットの中立性がなければ、インターネットは成功しなかったでしょう。ネット中立性なし:

  • ISPは、ライバルサービスを差別できます。たとえば、Netflix、Facebook、Googleなどのコンテンツプロバイダーを調整する(またはブロックする)ことにより、顧客が自分のサービスに無制限に優先的にアクセスできるようにします。.
  • イノベーションは抑制されます。 Netflix、Facebook、およびGoogleは、ISPにサービスを提供するための帯域幅を増やすために、おそらくISPに支払う余裕があるでしょう。ただし、新興企業はこれを行うことができません。これにより、小規模で革新的な企業は事実上水没したままになる一方、大規模で確立された企業がインターネット上で持っている独占的制約を強化します。.
  • ISPが政治的、社会的、または宗教的な理由でコンテンツを調整したり完全に検閲することを防ぐものは何もありません.
  • インターネットは2つ以上の「ティア」に断片化されます。裕福でない顧客は、選択されたサービスへのアクセスのみを提供する特別な「ケーブルスタイル」インターネットパッケージを対象とします。インターネットへの無制限のアクセスは、その費用を支払う余裕のある人のみが利用できるようになります。これにより、デジタル格差が深まり、経済的および社会的不平等が増大します.

言い換えれば、一般の人々の利益を超えて大金を乗せることが許可されます.

重大な危険にさらされている理由?

2014年には、ネットの中立性を解消するために同様の試みが行われましたが、FCCはUターンを実行することを余儀なくされました。元通信業界のロビー活動家であったFCCの元会長であるTom Wheelerは、裁判所の判決が既存の規則を無効にした後、ネットの中立性を保存する意欲をほとんど見せませんでした.

インターネットの活動家による大規模な草の根キャンペーンに続いて、FCCはその提案を公開コメントまで公開しました。 400万件以上のコメントを受け取ったため、FCC Webサイトが2回クラッシュしました。.

FCCは、インターネットをタイトルIIユーティリティとして分類することにより、ネットの中立性を保護するために動きました。これにより、インターネットサービスプロバイダーはFCCの管理下に置かれ、明確で合理的に厳しいネット中立性ルールを導入できるようになりました。.

しかし、FCCには現在、ドナルドトランプ氏によって任命された新しい共和党議長がいます。 Ajit Paiは元Verizonロビイストであり、業界規制に対する彼の反感はよく知られています。彼は過去に、FCCの既存のネット中立性ルールを「間違い」として説明してきましたが、現在、ウィーラーの2014年の決定を覆したいと考えています。.

代わりにパイが提案するもの?

Paiは、ブロードバンドを「タイトルI情報サービス」として再分類したいと考えています。つまり、ブロッキング、スロットリング、および有料の優先順位付けに関するルールは本質的になくなります。タイトルIサービスとして、インターネットはFCCの代わりに連邦取引委員会(FTC)の権限に該当します。.

ただし、FTCにはこの役割の歯はほとんどありません。現在公開されているルール作成の通知(.pdf)は、いくつかの主要な問題に関して著しく不明瞭です。専門家のオブザーバーは、現在の強制力のある規則の代わりに、ISPがネット中立性の原則に対して自発的で拘束力のない約束をするよう求められることを期待している.

理論的には、FTCは、顧客を惑わしたという理由で、これらの約束を守らないISPを追いかける可能性があります。しかし、The VergeのNilay Patelと元FCCカウンセラーのGigi Sohnが言うように、これは実際には起こりそうにない.

企業は、FTCが関与することなく、常に利用規約を変更します。たとえそれが介入したとしても、FTCは、ダメージが既に行われた後に反応的な方法でしか応答できませんでした.

さらに、パイの提案の下では、ISPが実際にそのような約束をすることを実際に要求されることは明らかではありません! Consumer Privacy ExpertとStartPage.comの広報担当者Liz McIntyreが私たちに観察したように,

「VerizonやATなどのISP&Tは、自発的な「Do Not Track」リクエストにラフショッドを乗り越えました。私たちは、自発的な純中立性で彼らを信頼するばかだろう."

公開相談

少なくとも消費者の声に耳を傾けるトークンショーで、FCCは米国の国民に提案についてコメントするよう招待しています。しかし、明らかになったことは、この協議の結果に注意を払うつもりはほとんどないということです。実際、プロセス全体に対する態度は非常にスキャンダラスです。例は次のとおりです。

  • FCCが受け取ったコメントの最大20%は、オンラインデータ侵害によって取得されたIDを使用してスパムボットによって送信されたようです。なりすましの人(または、親dead、表向きはコメントが死者によって提出された場合)の一部が不満を言うと、FCCはそれらを無視し、コメントを有効なものとして扱うことを選択しました.
  • コメディアンでありテレビの司会者であるジョン・オリバーが視聴者にネット中立性を支持するコメントを勧めた後、FCCのウェブサイトはcrash落した。これにより、ネット中立性に関する多数のコメントが失われました。 FCCは、かなり便利な事件が原因で分散型サービス拒否(DDoS)サイバー攻撃を非難しましたが、この主張を裏付ける証拠を提供することを拒否しました.
  • コメントのネット中立性に対する圧倒的な支持にもかかわらず、Ajit Paiは、提案された変更を支持して、19の非営利自治体ブロードバンドプロバイダーから送信された1通の手紙を選び出しました。しかし、大部分の小規模ISPは、パイにタイトルIIの保護を維持するよう要請しています。.

要するに、Ajit PaiとFCCは、大衆がこのアイデアに反対していても、ネットの中立性を損なうという彼らの計画を推し進める決心があるようです。.

反撃する時です!

ネット中立性は、2014年のネット中立性活動家による大衆動員のために米国にのみ存在します。これは、十分な人々が問題について十分な懸念を示した場合、FCCが耳を傾けることができることを証明します.

これが、ProPrivacy.comが他のインターネット企業の長いリストに加わり、2017年7月12日のインターネットのための戦いの未来の戦いの公式参加者になるためです。.

この意図は、この重要な問題に対する一般の認識を高め、FCCのウェブサイトに自分の意見を登録するようにすべての米国読者に奨励することです。確かに、あなたがまだそうしていない米国市民であれば、今それをしてください! FCCは8月16日まで、ネットの中立性に関する提案についてコメントしています。.

また、国際的な読者がユナイテッド・スターズで何が起こっているのかを認識することも重要だと思います。結局のところ、すべてのインターネットトラフィックの約80%が米国のISPを通過します。これに加えて、世界中のISPや政府は、米国の動向に強い関心を寄せています。.

これはすべてのインターネットユーザーにとって重要な戦いであり、その結果は広範囲に及びます。そのため、私たちは、できる限りの方法で貢献することができるすべての人にお願いします。これを行う1つの方法は、ソーシャルメディアアカウントでこの記事または公式のBattle for the Internet Webページのいずれかを共有して、広めることです。結局、私たちが作るノイズが多いほど、FCCが後退する可能性が高くなります!

画像クレジット:Maria Merkulova、Free Press / Free Press Action Fund / Flikr.
Brayan Jackson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me