Explosive New York Timesのレポートが公開するFacebookプライバシーの失敗が増加

Facebookは、ユーザーのプライバシーに対する無関心なアプローチに対する批判に再び直面しています。 New York Timesは今週、爆発的なレポートで、Facebookが長年にわたってNetflix、Spotify、Amazon、Yahooなどのインターネットジャイアントがユーザーのプライベートデータにアクセスすることを許可していたことを明らかにしました。.


NYTレポートで公開されたFacebook

NYTの調査は、元Facebookの従業員、政府関係者、プライバシー擁護者へのインタビューに基づいて、世界最大のソーシャルネットワークがユーザーの個人データを共有する方法の目を見張るような現実を明らかにしました。インタビューに加えて、タイムズは270ページ以上のリークされたFacebookの内部ドキュメントを入手し、Mark Zuckerberg and Co.がNetflix、Spotify、およびカナダのロイヤルバンクにユーザーのプライベートメッセージの読み取り、書き込み、削除、および方法を許可したことを確認しましたおそらく適切なユーザーの同意なしに、第三者と個人データを共有していた.

報告書によると、Facebookは150以上の企業とパートナーシップを結び、個人ユーザーデータを共有して、膨大な成長を促し、企業の影響力を可能な限り広く広げようとしました。これらのパートナーシップは2010年に開始され、多くの企業はその後データが元々共有されていた機能を廃止しましたが、今年のいくつかはまだ有効でした。たとえば、2017年にはYahooが2012年に廃止した機能に必要なFacebookユーザーデータへの幅広いアクセスがありました。同様に、New York Timesは2017年にFacebookユーザーデータへのアクセスがありました。 2011年のニュース共有機能について.

これらは、Facebookがパートナーシッププログラムを通じて個人ユーザーデータの使用を誤って管理していた多くの例のほんの一部です。 Facebookは、必要以上に長い期間、ユーザーデータを企業と共有し続けることに加えて、特定の統合には単に必要ではなかった共有ユーザーデータについても共有しています。 Netflix、Spotify、およびカナダのロイヤルバンクに、特定のスレッドのすべての参加者に関する情報など、ユーザーのプライベートメッセージへの特別なアクセスを提供することは、これまで必要だったものをはるかに超えています.

さらに、New York Timesの調査員と話をした元従業員によると、Facebookは、パートナーが共有している大量のデータを使用して、パートナーが何をしているかを確認および監査する方法をあまり行いませんでした。また、元従業員は、会社の幹部がプライバシーのレビューと監査を行うことをほとんど考慮せず、そのようなタスクがイノベーションと成長のイニシアチブを妨げると主張しました。.

この活動にはすべて、プライバシーを主張するファウルがあり、Facebookが要求する連邦取引委員会と合意した2011年の和解に違反したとしてFacebookを非難しています。, "Facebookは、消費者に明確で顕著な通知を与えたり、設定されたプライバシー設定を超えて情報が共有される前に消費者の明確な同意を得るなど、将来の約束を確実に守るためにいくつかのステップを踏む。

Electronic Privacy Information Centerの責任者であり、オンラインプライバシーの専門家であるMarc Rotenbergは、NYTへの声明で次のように述べています。「Facebookがユーザーのプライバシー設定を無視した方法には無限の弾幕があり、2011年にこの問題を解決したと本当に信じていました。 FacebookをF.T.C.の規制当局の下に置きました。途方もない量の仕事の後。 F.T.C.行動に失敗しました。」

Facebook関係者自身は、同社がF.T.C.に違反していないと主張している。パートナー企業をソーシャルネットワークの拡張として本質的に機能する「サービスプロバイダー」として分類する和解の例外のため、合意。彼らは、パートナー企業はFacebookとの統合の目的で、Facebookの指示の下でのみデータを使用するため、これらの状況でデータを共有しても問題はないと主張します.

パートナー企業のほとんどは、Facebookによって許可されたデータへのアクセス範囲について何も知らないことを否定しました。 NYTから連絡を受けた企業は、Facebookの統合に明示的に必要とされる以外の目的で、広告目的でデータを使用したことは決してないと主張しました。.

Facebookがその権利の範囲内で行動していること、およびデータを悪用しないと主張する企業からのこれらの保証にもかかわらず、多くはまったく納得していない。ワシントンDC司法長官事務所は水曜日にFacebookに対して訴訟を起こし、同社はユーザーの知らないうちに適切な同意を得ることなく境界を越えてデータを共有したと主張しました。訴訟はケンブリッジアナリティカのスキャンダルを中心にしていますが、今週、パートナー企業と共有されるデータに関する啓示が訴訟で重要な役割を果たしています。これらすべては、潜在的に10億ドルを超える可能性のある技術巨人にとっては大きな罰金になる可能性があるものになります.

"Facebookはユーザーのプライバシーを保護することができず、データに誰がアクセスしたのか、どのように使用されたのかを欺きました。調査を実施した結果、Facebookのプライバシープロトコルとプライバシー設定の混乱を監視していないため、数百万人のアメリカ人の個人情報が危険にさらされているという証拠が見つかりました。また、Facebookは、特定の好まれた企業が消費者データにアクセスし、消費者のプライバシー設定を上書きできる特別な許可を付与したことを消費者に通知できなかったことを発見しました。」.

Facebookの製品パートナーシップ担当副社長のIme Archibongは、これらの主張を水曜日に公開されたブログ投稿で強く反fuしました。 「過去1日に、私たちは知らないうちにパートナーに個人のプライベートメッセージを開示したとして非難されました。それは真実ではありません。私たちは、メッセージングパートナーシップについてより多くの事実を提供したいと考えました。」

Archibongはさらに説明します, "たとえば、Spotify内からFacebookの友人にメッセージを書き込むには、Spotifyに「書き込みアクセス」を与える必要があります。メッセージを読み戻すには、Spotifyに「読み取りアクセス」が必要です。削除アクセス」とは、Spotify内からメッセージを削除すると、Facebookからも削除されることを意味します。第三者があなたのプライベートメッセージを読んだり、あなたの許可なしに友人にメッセージを書いたりすることはありませんでした。多くのニュース記事は、私たちがパートナーへのプライベートメッセージを配信していたことを示唆していますが、これは正しくありません。」

Facebookの開発者プラットフォームおよびプログラムディレクターであるKonstantinos Papamiltiadisは、別のブログ投稿で次のように明言しました。「明確にするために、これらのパートナーシップまたは機能はいずれも、人々の許可なしに企業が情報にアクセスすることも、2012年のFTCとの和解に違反することもありませんでした。私たちは人々に実際にそれらを使用してほしかったので、長年にわたってこれらの機能とパートナーシップについて公開してきました。彼らは、さまざまなジャーナリストやプライバシー擁護者によって議論、レビュー、精査されました。」

ユーザーがFacebookにこの方法でデータを使用する明示的な許可を与え、FacebookがFTCとの和解に違反していないという主張は、これまで見てきたように議論の余地があります。プライバシー擁護者は、Facebookが共有されているデータとその使用方法を適切に開示していないと感じており、その結果、ユーザーは同意する内容の全範囲を認識していなかった.

とにかく、特定の場合に必要以上にユーザーデータを共有することでFacebookが示したずさんな態度、そしてユーザーのプライバシーに関する経営者の怠慢な態度は、会社を有利に照らしません。これらの最新の啓示が表面化したため、Facebookは一般の人々の信頼を取り戻すためにさらにやるべきことがあります。会社がユーザーのプライバシーを本当に懸念していることを証明するための真剣な努力を怠った場合、#DeleteFacebookバンドワゴンに参加する人がますます増えます。.

オンラインプライバシーを気にしながら、ソーシャルネットワークを放棄したくないユーザーのために、実装する必要があるいくつかの重要なセキュリティ対策を以下に示します。Facebookを使用してサードパーティアプリにログインすることを避け、友人を受け入れない知らない人からのリクエスト、個人情報の過剰共有、プロフィールのプライバシー設定の有効化。オンラインセキュリティを次のレベルに引き上げたい場合は、トップレベルのVPNプロバイダーにサインオンして、インターネットトラフィックを暗号化し、常にデータを保護してください.

Brayan Jackson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me